8の皮を被った11? iPhoneSE 2020正式発表。

新しいiPhone、誕生

かねてより噂になっていた、新しいiPhone SE(第2世代)が本日0時に発表されました。未だにホームボタンがないと落ち着かないユーザーにとっては待望のホームボタンを装備した最新機種となりました。

予約は4月17日、発売は4月24日

予約注文は4月17日21時から、発売は4月24日となっています。

価格は44,800円から

価格は64GBが44,800円(税別)、128GBが49,800円(税別)、256GBが60,800円(税別) となっており、廉価ともいえるかなり抑えめの価格設定です。

カラーはブラック、ホワイト、(PRODUCT) REDというシンプルな原色系のラインナップ。

無駄のないシンプルなルックス、iPhone 8とほとんど見分けがつきません。かなり「白さ」を感じるホワイトです。

光沢のあるブラック、全面が黒く精悍なイメージです。

ホームボタンが復活

これが待望の「帰ってきた」ホームボタン、ホームボタンを搭載したiPhoneのほうがよかったというユーザーには嬉しいニュースです。折しも新型肺炎の流行でマスクをつける機会が増えた昨今、顔でなく指紋で認証するスタイルはある意味、タイムリーなリバイバルとなりました。

各種仕様

容量

64GB / 128GB / 256GB

サイズ

高さ:138.4mm / 幅:67.3mm / 厚さ7.3mm / 重量:148g

ディスプレイ

・4.7インチRetina HDディスプレイ
・ IPSテクノロジー搭載ワイドスクリーンLCD Multi-Touchディスプレイ
・解像度 1,334 × 750ピクセル、326ppi
・コントラスト比 1,400:1(標準)
・True Toneディスプレイ
・広色域ディスプレイ(P3)
・触覚タッチ
・最大輝度625ニト
・耐指紋性撥油コーティング
・拡大表示
・簡易アクセス

Touch ID

ホームボタンに内蔵された指紋認証センサー

チップ

・A13 Bionicチップ
・第3世代のNeural Engine

電源とバッテリー

・iPhone 8とほぼ同じ駆動時間
・高速充電に対応(30分で最大50%充電)
・ワイヤレス充電(Qi充電器に対応)

防沫、耐水、防塵性能

・IEC規格60529にもとづくIP67等級
(最大水深1メートルで最大30分間)

カメラ

・12MP広角カメラ
・f /1.8の開口部
・最大5倍のデジタルズーム
・進化したボケ効果と深度コントロールのポートレートモード
・6つのポートレートライティングエフェクト
自然光、スタジオ照明、輪郭強調照明、
ステージ、ステージ(モノ)、ハイキー(モノ)
・光学式手ぶれ補正
・6枚構成のレンズ
・LED True Toneフラッシュとスローシンクロ
・パノラマ(最大63MP)
・サファイアクリスタル製レンズカバー
・Focus Pixelsを使ったオートフォーカス
・写真とLive Photosの広色域キャプチャ
・次世代のスマートHDR(写真)
・高度な赤目補正
・自動手ぶれ補正
・バーストモード
・写真へのジオタグ添付
・画像撮影フォーマット:HEIF、JPEG

ビデオ撮影

・4Kビデオ撮影(24fps、30fpsまたは60fps)
・1080p HDビデオ撮影(30fpsまたは60fps)
・720p HDビデオ撮影(30fps)
・ビデオの拡張ダイナミックレンジ(最大30fps)
・ビデオの光学式手ぶれ補正
・最大3倍のデジタルズーム
・LED True Toneフラッシュ
・QuickTakeビデオ
・1080p(120fpsまたは240fps)スローモーション
・手ぶれ補正機能を使ったタイムラプスビデオ
・映画レベルのビデオ手ぶれ補正
(4K、1080p、720p)
・連続オートフォーカスビデオ
・4Kビデオの撮影中に8MPの静止画を撮影
・再生ズーム
・ビデオ撮影フォーマット:HEVC、H.264
・ステレオ録音

フロントカメラ

・7MPカメラ
・f /2.2絞り値
・進化したボケ効果、深度コントロールのポートレートモード
・6つのポートレートライティング
自然光、スタジオ照明、輪郭強調照明、
ステージ照明、ステージ照明(モノ)、ハイキー照明(モノ)
・1080p HDビデオ撮影(30fps)
・Retina Flash
・QuickTakeビデオ
・写真とLive Photosの広色域キャプチャ
・写真の自動HDR
・自動手ぶれ補正
・バーストモード
・映画レベルのビデオ手ぶれ補正(1080p、720p)

センサー

・Touch ID指紋認証センサー
・気圧計
・3軸ジャイロ
・加速度センサー
・近接センサー
・環境光センサー

SIMカード

・デュアルSIM(nano-SIMとeSIM)
既存のmicro-SIMには非対応

同梱物

・iOS 13を搭載したiPhone
・EarPods with Lightning Connector
・Lightning-USBケーブル
・USB電源アダプタ
・マニュアル

まとめ:「ちょうどいい」iPhone

2016年3月に発売された先代のiPhone SEから4年、コンパクトな初代と違ってiPhone 8と同じサイズでSEではなく8の後継といった今回のiPhone SEですがチップセットはiPhone 11と同じA13 Bionic、動きのあるアプリゲームにも威力を発揮する高性能なチップセットを搭載したiPhoneがこの価格帯(5万円以下)で購入できてしまうということでかなりの人気機種となりそうな予感です。5Gサービス開始で盛りがっているAndroidスマートフォンシリーズに比べて少し物足りなさを感じていたiPhoneシリーズでしたが今回の新しいSE発売を機に活気付くでしょうか。